hotelsolitaire.com,27.0cm,13275円,/cyclonic1811988.html,ネイビー,卓球シューズ,93620,レゾラインリフォネス,【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly),スポーツ・アウトドア , 卓球 , その他 13275円 【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly) 卓球シューズ レゾラインリフォネス 93620 ネイビー 27.0cm スポーツ・アウトドア 卓球 その他 13275円 【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly) 卓球シューズ レゾラインリフォネス 93620 ネイビー 27.0cm スポーツ・アウトドア 卓球 その他 マラソンでポイント最大43.5倍 バタフライ おしゃれ Butterfly 卓球シューズ レゾラインリフォネス ネイビー 27.0cm 93620 マラソンでポイント最大43.5倍 バタフライ おしゃれ Butterfly 卓球シューズ レゾラインリフォネス ネイビー 27.0cm 93620 hotelsolitaire.com,27.0cm,13275円,/cyclonic1811988.html,ネイビー,卓球シューズ,93620,レゾラインリフォネス,【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly),スポーツ・アウトドア , 卓球 , その他

マラソンでポイント最大43.5倍 バタフライ おしゃれ Butterfly 卓球シューズ レゾラインリフォネス ネイビー 27.0cm 流行 93620

【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly) 卓球シューズ レゾラインリフォネス 93620 ネイビー 27.0cm

13275円

【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly) 卓球シューズ レゾラインリフォネス 93620 ネイビー 27.0cm








■商品内容

「レゾライン」シリーズのフラッグシップモデル。トップ選手のシューズに対する様々な要望を取り入れ、卓球に必要な機能をふんだんに搭載したハイスペックな一足です。


■商品スペック

アッパー素材:本体/合成繊維、補強部分/合成樹脂、人工皮革

ソール素材:ゴム、EVA

特徴1:ビーアーマー(B-Armor)/アッパー前足部を合成の高いKPU素材で覆い、大きく動いた時でも前足部をしっかりとホールドする。片止めシュータン/シュータンを内甲側だけ止めることで、プレー中にシュータンがずれるのを防ぎ、シューズのフィット性を高める。

特徴2:(B-Absorber)/前足部のアウトソールとミッドソールの間に特殊なスポンジを配置し、クッション性としなやかさを両立。衝撃を吸収しながら、その反発力によりバネのある動きをアシストする。

特徴3:ビーリッジ(B-Ridge)/かかと部分のミッドソールにブリッジ型を採用し、すり足によるフットワークをサポートする。

特徴4:エスティービー(STB)/卓球特有の動きによるシューズのねじれを防ぎ、安定したフットワークをもたらす。

原産国:中国



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【3 - 6営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

【マラソンでポイント最大43.5倍】バタフライ(Butterfly) 卓球シューズ レゾラインリフォネス 93620 ネイビー 27.0cm

地球の物語の、つづきを話そう。

詳細はこちら 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

POSH Faith(ポッシュ フェイス)GSX250R17 イニシャルアジャスタ-黒/銀(088665-03)

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

自動から自律の時代へ

YOKOGAWAは自律操業が進んだ産業界の未来に向けて、IA2IA(Industrial Automation to Industrial Autonomy)を提唱しています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ